暇(満)人の日記

ダイエットと読書について記事にします

第一次世界大戦後

第一次世界大戦終結した後、ヴェルサイユによって講和会議が開かれました。軍備縮小、平和維持などが主な内容でした。国際連盟もこの会議がきっかけで発足しました。しかし全会一致・提唱者のアメリカが加盟していない等で思うように機能しなかったようです。

二月革命

第一次世界大戦の最中、ロシアに第二次ロシア革命が起きます。すなわち二月革命です。戦争による消耗で民衆に物資が行き届かなくなったのです。皇帝が退位して後を継いだ皇帝が戦争を継続しようとしたので、この皇帝をも追い出し、レーニンを指導者としたソビエト連邦が生まれました。

ヨーロッパの火薬庫

バルカン半島はかつてヨーロッパの火薬庫といわれていた時期がありました。バルカン半島はロシアとドイツが平定している国がたくさんありました。その両国が南下政策をとっている時にここで交わったのです。そんな時にサラエボ事件も発生し、第一次世界大戦の戦火がついたのです。

今日から3連休

今日金曜日が祝日の為、今日から3連休となります。しかしこの3連休を各地で悪天候が襲うようです。私の住んでいる地域でも、平日に降り続いた雨が今日の午前中まで続くという予報が出ています。予報はしっかりとみてお出かけした方が良いかもしれません。

ヴィルヘルム2世の外交

世界政策に乗り出したヴィルヘルム2世は、手始めにフランス領のモロッコに進出しました。当然フランスは反発します。更にはフランスと協力関係だった国まで手を出すようになります。かくしてドイツを筆頭にした三国同盟、フランスを筆頭にした三国協商が生まれ、第一次世界大戦が始まりました。

第一次世界大戦の発端

近代ドイツのビスマルクは、積極的に他国に攻める事なくあくまで守りの姿勢を見せました。しかし後にヴィルヘルム2世が皇帝に即位すると一変します。他国を植民地化しようと攻めの姿勢に180℃変わったのです。ドイツは世界中から敵に回され、第一次世界大戦に発展します。